京都府立医科大学研究開発・質管理向上統合センター 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465

学習事例の動的生成による
効果的な臨床研究倫理教育プログラムの開発

臨床研究倫理教育 e-learning プロトタイプシステム

 現在、京都府立医科大学ではAMED事業「研究公正高度化モデル開発支援事業」の一環として「学習事例の動的生成による効果的な臨床研究倫理教育プログラムの開発」を進めています。この開発の目標は、既存のものには無いような特徴のある臨床研究倫理教育用e-learning システムの作製です。
 現在、この目標に向けてWeb上で受講頂くe-learning システムのプロトタイプが完成致しました。つきましては、是非のこのプロトタイプシステムを試行して頂き、より良いe-learning システムの作製のため、多くの方からご意見をお寄せ頂ければと思っております。
 受講頂ける方は、下記の【「臨床研究倫理教育プロトタイプシステム」の利用に当たって】をお読み頂き、受講後にアンケートにご回答頂ければと思います。

「臨床研究倫理教育プロトタイプシステム」の
利用に当たって

 この「臨床研究倫理教育システム」は,研究倫理教育により研究不正の発生を防止するための事例研究に基づく体験型学習です。幾つかのシナリオがあるがシナリオ1(現在は,シナリオ1のみ)は、過去に研究不正行為で社会的問題となった臨床研究を踏まえて、医薬品の市販後臨床試験を取り上げました。
 アカデミアが主体となって実施する臨床研究の中から、ランダム化比較試験で臨床研究の事例を学習教材として取り上げています。
 製薬企業から研究者への研究依頼から始まり、研究計画書(プロトコル)の作成,研究開始までの手続き、臨床研究開始(データマネジメント,モニタリング等)、中間解析,最終症例の集積,解析,論文化という一連の流れにおいて、臨床責任医師および代表臨床責任医師の立場で、生起する様々な課題や出来事を判断していく形式になっています。

【利用方法】
下記URLへアクセスします.
http://garden.frontier.sangaku.es.osaka-u.ac.jp:4200/
  • 注)本システムは、Google Chrome 上で動かすことを想定しています。
    Internet Exploreでは稼動いたしませんので、ご注意下さい。
    その他のブラウザでの稼働は確認できておりませんので、ご注意ください。

e-learning プロトタイプシステム

操作方法は、「ユーザーガイド」をご確認ください。

ユーザーガイドを見る

アンケート

アンケートにお答えいただける方は下のボタンをクリックしてください。

アンケート