京都府立医科大学研究開発・質管理向上統合センター 〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465

お知らせ

2018年3月
サイトリニューアルしました。
2018年3月
Eラーニングサイトとサイトが開設されました。
2017年3月
京都府立医科大学より採択された課題のひとつ「学習事例の動的生成による効果的な臨床研究倫理教育プログラムの開発」に関するHPを開設しました。
2017年1月5日
AMEDの公募事業である平成28年度研究公正高度化モデル開発支援事業に京都府立医科大学から2件採択されました。

臨床研究における研究公正高度化を目指して

臨床研究の場面ごとに、道を踏み外す誘因がどこにあるかを自ら体験的に学習できる新規倫理教育プログラムを開発し、臨床研究の公正化に資することを目指します。 尚、本研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の研究公正高度化モデル開発支援事業の支援によって行われています。

研究倫理教育により研究不正の発生を防止する上で、倫理指針やガイドラインなど規範・ルールの理解はもとより必須ですが、学習効果を高めるためには、知識習得型教育に加えて、事例研究に基づく体験型学習が求められています。そこで本研究では、多くの臨床研究不正事例を元に、さまざまな場面で学習者に意思決定を求めるコンピュータシステムの設計・開発を行います。

また、このような開発の基礎資料となる、臨床研究を行う上で、道を踏み外す誘引がどこにあるかについて、本ホームページにて、皆様からのご意見を頂くことも目指しています。